Read Article

医療レーザー脱毛との比較

痛みが大きいのは医療レーザー

医療レーザー脱毛とハイパースキン脱毛を比較してみましょう。

まず、痛みや肌へのダメージについてですが、
これは比較にならないほど医療レーザー脱毛のほうが大きいです。

医療レーザー脱毛の場合、痛みに耐え切れず途中でやめてしまう人がいますし、
麻酔を使うということも珍しくありません。

また、施術後に肌が赤くなったり腫れたりということも多いですので、
痛みという感覚的なものだけでなく、肌へのダメージ自体も大きいと
考えられます。

ハイパースキン脱毛は痛みなし

その点、ハイパースキン脱毛は、その脱毛原理からして
痛みはまったくありません。熱で焼く方法ではありませんからね。

肌へのダメージについても、用いる光にフォト美顔の波長が含まれているため、
肌を傷つけるどころか、逆に美肌のために役立つとされています。

多くの回数が必要なのはハイパースキン脱毛

次に、施術回数についてですが、これは医療レーザーのほうが
少なくてすみます。平均的な回数を比べると、医療レーザーは6回、
ハイパースキン脱毛は12回程度になるようです。

ただここは個人差や部位差の大きい部分です。

医療レーザーは強力な熱で短期間に処理、
ハイパースキン脱毛は、発毛因子に働きかけることで
じっくり処理、という感じですね。

脱毛効果は一長一短

脱毛の効果については、
医療レーザーは光が反応しにくい無色の毛やうぶ毛には弱く、
反応しやすい濃いムダ毛には強いです。

それに対してハイパースキン脱毛は、発毛因子に働きかける方式ですので
どんなムダ毛にも一様に作用します。

Return Top