Read Article

自己処理との比較

自己処理はデメリットが多いから

そもそもなぜわざわざお金を払って、
エステなどで脱毛しなければならないのかということですが、
これは自己処理のデメリットが大きいからだということになります。

エステでの脱毛は本当に高いのか?

まずお金のことを考えてみると、
自己処理だって器具や化粧品類でお金はかかりますね。

それに加えて、多い人は毎日自己処理するわけですので、
それを何年も続けるとなると膨大な時間が費やされることになります。
これをお金に換算するとものすごい金額になりそうです。

以上のことを考えれば、エステなどに支払う料金も
それほど高いものではないことがわかります。

次に、代表的な自己処理方法のデメリットを考えてみましょう。

「剃る」方法のデメリット

最初に思い浮かぶのはカミソリなどで「剃る」という方法ですね。
シェービングです。

この方法ですと、自己処理するたびに肌が傷付けられることになります。
いやいや、自分は器用だから傷なんかつけないよ、という人でも
目に見えない傷は無数についています。

それを繰り返せば、全体として色素沈着を起こして
だんだん暗い色に変化してもおかしくありません。

また、剃るたびに肌の表面が薄く削り取られます。
これは、肌にとって大事なバリア機能を
削ぎとっているということでもあります。

ですので長年「剃る」という方法を続けていると、
肌は乾燥しやすくなりますしトラブルも増えてきます。
それは、簡単にいえば、肌の老化をすすめているということです。

「抜く」方法のデメリット

次に「抜く」という自己処理方法もありますね。
これは剃るのに比べて肌にいいのではないかと思う人もいるかもしれません。
でも剃るのと同様、肌への負担は大きいです。

抜いた時に毛穴から出血することがあるくらいですから、
毛穴だけに注目すると、剃るよりはるかにダメージが大きいです。

ですのでこれを繰り返していると、毛穴の炎症が続くことになり
それが色素沈着へとつながります。
毛穴が黒っぽく変色して目立つようになってしまいます。

また、ムダ毛が皮膚の下で伸びてしまう「埋没毛」という
トラブルを招くことも多いです。

ということで「抜く」という方法もオススメできません。

肌を守るための脱毛

エステなどで脱毛すれば、剃ったり抜いたりすることによるダメージから
肌を守ることができます。ですからできるだけ早い段階で
脱毛してしまったほうが肌のためになると考えられます。

自己処理を続けるほど、肌へのダメージは蓄積されていくわけですから。

そして、同じエステでの脱毛でも、肌への負担がなく、
それどころか美肌効果まで望めるハイパースキン脱毛が
最もおすすめということになります。

Return Top