Read Article

ハイパースキン脱毛の原理

まったく違うアプローチ

ハイパースキン脱毛は、従来の方式とはまったく違ったアプローチをします。
従来の方式というのは、ニードル式にしても、医療レーザー、光脱毛にしても、
熱によって成長期の毛にダメージを与えるというものです。

休止期の毛に働きかける

それに対して、ハイパースキンカレン脱毛機は、休止期の毛に働きかけます。
休止期の毛というのは、まだ肌の表面に出ていない、伸び始める前の
毛の種のようなものです。

熱でムダ毛を処理するのではない

これに働きかけるためには熱は使えません。
肌の奥にあるわけですから、熱を使って焼こうとすると
肌自体全部焼いてしまうことになります。それはできません。

ですので、ハイパースキン脱毛では熱でダメージを与えるのではなく、
特殊な光を当てることで休止期の毛に働きかけて
それが伸びなくなるようにします。

脱毛というより「抑毛」「発毛中止」といったほうが良さそうです。

生えている毛を処理する方法ではない

ですので、現在生えているムダ毛が、施術によって抜け落ちていく
というわけではありません。

しかしそのムダ毛が、発毛サイクルに応じて自然に抜け落ち、
休止期に入ったところでハイパースキン脱毛の施術をすれば、
次からはもう伸びてこないことになります。

このように、休止期に入った毛に順次施術していくことで発毛を止め、
ムダ毛を減らしていくというのが、ハイパースキン脱毛の原理です。

Return Top