Read Article

ハイパースキン脱毛はどうやって生まれたのか

従来方式とはまったく異なる脱毛方式

従来、脱毛クリニックやエステサロンで主流となっていた
ニードル脱毛や、医療レーザー、光脱毛とは、
まったく違ったアプローチをとるハイパースキン脱毛ですが・・・

それまではとにかく「熱でムダ毛を焼く」という発想しかなかったのに、
なぜこんなまったく違った視点からの脱毛が生まれたのでしょうか?

それは「子供のため」を思って開発された脱毛方式だからです。

自分の娘のために開発

ハイパースキン脱毛の開発者はエステサロンを経営していたのですが
ある日、まだ小学2年製の娘さんから悩みを聞かされたそうです。

腕が毛深いことでクラスメートにバカにされたと。

これは一つ間違えればイジメにつながりかねません。
それなのに、父親の自分は、エステサロンを経営していながら
娘の悩みを解消してやることもできない・・・

というところから、ハイパースキン脱毛の開発が始まったそうです。

子供の肌に従来方式は無理

子供の肌は大人より弱いですし、痛みも強く感じてしまいます。

だから、従来の方法、ニードルにしても、光を使うものにしても、
子供の肌に施術するわけにはいきません。

どちらの方法も、「熱で毛根を焼く」という方法ですので
子供の肌にとっては負担が大きすぎるからです。

熱でムダ毛を焼くのではなく

だから発想を変えざるを得なかったのですね。
熱に頼るわけにはいかない。では既に生えている毛ではなく、
これから生えようとしている毛の成長を止めることはできないか・・・

ということで休止期の毛が注目され、それが伸びないようにするには
どうすればいいのかという研究がなされて・・・
発毛因子に働きかければいい、という結論に至りました。

痛まない、傷まない方法の誕生

そして、温度的には40度未満の「温かい」程度の光を当てて、
この発毛因子を消してしまうことで、ムダ毛が伸びてこなくなる仕組み、
つまりハイパースキン脱毛が生まれることになりました。

これなら開発者の娘さんのような子供でも、
まったく痛みを感じることもなく、また肌への負担を受けることもなく
脱毛施術を受けることができるわけです。

Return Top