Read Article

脱毛するとお肌が荒れてしまう?

肌が汚くなっては意味がない

脱毛する上で絶対に気になるのは肌への影響です。
きれいになるために脱毛するのに、そのせいで肌トラブルが発生しては
意味がないからです。

ニードル脱毛は負担が大きい

さて、従来行われていた方式としてニードル脱毛というのがありますが、
これは肌への負担は大きいものでした。

「うまく施術できた」という状態でも、
毛穴が赤くなって、赤いポツポツが何日も消えない
ということが珍しくありませんでした。

悪くすると毛穴が色素沈着を起こすということもありました。

効果が強いだけに、肌への刺激も強かったということですね。
ですので敏感肌の人にはおすすめできない方法となります。

医療レーザーも肌への負担大

医療レーザー脱毛も、ニードルほどではありませんが
熱で毛根を焼いてしまうわけですので
肌への負担は大きいものとなります。

施術後に肌が痒くなったり、赤くなったり、腫れたり
ということも珍しくありません。
毛のう炎と言って、毛穴が炎症を起こしてしまうこともあります。

施術者の技術が未熟な場合は火傷ということもあります。

火傷というのは明らかに失敗例ですが、
そうでなくても肌への負担は大きいと考えられます。

光脱毛は負担が小さいけど

医療レーザーに比べれば、脱毛エステサロンの光脱毛は
出力が低いことを考えても肌への負担は小さいものとなっています。
ですので肌トラブルは上の2つに比べると起きにくいです。

ただそれでも、負担がないわけではありません。
こちらも施術者のが未熟だとやけどしてしまうこともあります。

ニキビ肌や敏感肌でも脱毛できる?

医療レーザー脱毛や光脱毛は、ニキビ肌であっても敏感肌であっても
行うことができます。特にニキビ肌は、脱毛することで
改善する場合も多いです。

ですが施術には出力の調整など最新の注意が必要ですので、
施術を担当する人の技術を注意深く見極める必要があります。

敏感肌の場合は、乾燥肌である場合も多いですが、
乾燥していると熱によるダメージが大きくなりますので、
日頃から保湿をしっかりしておく必要があります。

Return Top