Read Article

脱毛が痛いのはなぜか|痛い理由と痛くない脱毛

「脱毛は痛そうだからなかなか勇気が出ない」という気持ちはありませんか?
数年前までは脱毛に痛みを伴うのは当たり前でしたが、最近では脱毛機の性能が上がったことで、少ない痛みで脱毛が行えるようになりました。

このページでは脱毛時の痛い理由や痛みを感じやすい部位をご紹介していきます。

脱毛方法別の痛みと効果

一般的にクリニックや脱毛サロンで行っている脱毛方法は大きく分けて3種類の施術の方法があります。

効果 痛み 価格
光脱毛
レーザー脱毛
ニードル脱毛 × ×

脱毛が痛い理由|ニードル脱毛

  • 脱毛法の中では一番痛い
  • 1本あたりの料金なので高額
  • 1度の処理で永久脱毛

ニードル脱毛は針に電気を流して毛根を焼くという脱毛方式で、3つの脱毛方法の中では一番痛みが強い脱毛方法なので麻酔がほとんど必須です。

ただし、脱毛効果は抜群で、一度処理するとほぼ永久に生えてこないので永久脱毛と言えるほど効果があります。

脱毛が痛い理由|光脱毛・レーザー脱毛

  • 比較的痛みが少ない
  • 施術スピードが速い
  • 施術回数は多め

医療レーザー脱毛とエステサロンの光脱毛は、どちらも光による熱を利用します。
ムダ毛の黒い色に反応する特殊な光が発する熱で、毛根を処理するというものです。

肌を直接焼くわけではありませんが、毛根が破壊されるほどの熱を発生させるので、皮膚はどうしても痛みを感じてしまいます。

光脱毛だと麻酔をせずに施術後のクールダウンなどで済ませてしまうこともありますが、レーザー脱毛では麻酔クリームなどを患部に塗ったあとに施術することが多いです。

光脱毛は約70℃、レーザー脱毛の場合200℃の熱で毛根を処理します。

POINT痛みのない脱毛が体験できるキャンペーンはこちら
■痛いにさようなら。痛くない脱毛はディオーネだけ
https://www.datsumousalon-dione.jp/

脱毛が痛いと感じる部位TOP3

  • VIO
  • ワキ

光を使った脱毛の場合、毛が太いところ、多いところの方がより痛みを感じやすくなります。
これは、毛が濃い=熱を沢山発生させるからです。

ムダ毛が濃いか薄いかにかかわらず、ワキやVIOラインは敏感な上にムダ毛も濃いので、痛みを感じやすい部位といえます。

脂肪が薄い部分、骨に近い部分も痛いと言われており、膝下などは比較的ムダ毛が濃い上に骨に近いため、痛みを感じる人が多いようです。
 
肌が乾燥していると、熱エネルギーを吸収してくれる水分が少ないので痛みが増してしまったり、肌の状態によっても痛みは変わってきます。

また、光は黒いものに反応するので、脱毛を考えている場合、日焼けしないように気を付けましょう。

ディオーネの脱毛なら痛くない!痛くない脱毛

ディオーネで採用しているハイパースキン脱毛は、これまでの脱毛のように痛くないのが特徴です。

ハイパースキン脱毛は、毛の種に特殊な光を当てて発毛を予防するため「高熱を使わない=痛くない」というわけです。

光脱毛機の温度が70℃前後に対してディオーネが使用しているハイパースキン脱毛機は38℃前後の温度なので少しぬくもりを感じる程度の刺激しか受けません。

ハイパースキン法は痛くないだけでなく、美肌効果があるので施術を受けることで潤い保湿の効果やキメの整のった肌に近づくこともできるのです。

痛くない顔脱毛はディオーネだけ!
button-kao

まとめ

痛みを伴う脱毛は減りつつあるといっても、やはり顔やVIOといった敏感な部位では少なからず痛みを感じてしまうようです。

しかしディオーネのハイパースキン脱毛なら一切の痛みなく脱毛をすることが可能です。
その上、施術に使う光には美肌効果があるので脱毛を受けながら、美肌を目指すことができます。

ディオーネの痛みない脱毛はお試しコースでお得に体験することができるので、是非チェックしてみてください。

お試しキャンペーン一覧

お試しキャンぺーン 価格 回数
顔脱毛 3,240円 1回
VIO脱毛 5,400円 1回
全身脱毛 16,200円 60分間
子ども脱毛 7,560円 30分間

Return Top