Read Article

従来の脱毛方法の紹介

主な方式は3種類

脱毛方法にはいろいろあるのですが、
脱毛クリニックやエステサロンで採用されてきた方式としては
ニードル脱毛、医療レーザー脱毛、光脱毛が中心となります。

ニードル脱毛

この中でもニードル脱毛は最も歴史が古く、
それだけに、脱毛の確実性は高いと言われています。

方法としては、ニードル、つまり針を毛穴に差し込んで
電気を流し、毛根を焼いてしまうというものです。

ですので、一本一本の処理になります。
当然時間もかかりますし、施術者に高い技術が要求されますので
料金も高額なものになります。

脱毛=高額、というのはニードル脱毛の時代にできたイメージです。

また、ニードルの場合、ある程度ムダ毛を伸ばしてからでなければできません。
そうしないと、針を差し込むべき毛穴の位置がわかりませんからね。

光を使った脱毛

次に医療レーザー脱毛と光脱毛ですが、
光を使うという点では基本的には同じです。

こちらのほうがニードルより新しい方法で、現在の主流です。

脱毛原理としては、黒いものに反応して熱を発する光を照射し、
ムダ毛にダメージを与えて処理するというものです。

ですので白くなってしまった毛には効果がありませんし、
うぶ毛も処理が難しいと言われています。

医療レーザーとエステ光脱毛の違い

医療レーザーとエステの光脱毛は、基本的には同じ方式ですが、
医療レーザーの方は医療機関で用いられるので
出力が高いものとなっています。

一般的には、医療レーザーは効果が早いかわりに痛みが大きく料金も高い、
エステの光脱毛はその逆だと言われています。

呼び名は違えど

医療レーザーも、光脱毛も、光源や機械によって呼び名が変わります。

例:アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、
  IPL脱毛、SSC脱毛など

しかし、光をムダ毛の黒い色に反応させて熱を発生させる
という脱毛原理は共通です。

施術の流れ

医療レーザーや光脱毛の施術の流れとしては、
まずジェルを肌に塗って、それから目を保護するバイザー等をかけて
光を照射、その後冷却して終了となります。

従来の方式の欠点

以上、従来の脱毛方式を3種類紹介しましたが、
共通する欠点としては、熱によって毛根にダメージを与えるため
肌自体へもダメージがあるということです。

それが痛みや肌トラブルの原因となりうるわけです。

Return Top